社長メッセージ - Company

「価値あるブランド」の創造にむけて

株式会社ピー・エックスは、1978年、株式会社ビギの一ブランドが独立し、社員十数名でスタートをしました。一人が何役をもこなす多忙な毎日の中、社内にあふれていたのは自分たちの想いを形にしていこうとするエネルギー。社員同士が膝を突きつきあわせて納得いくまで議論を重ね、次々とヒット商品を世に送りだしていました。

現在は当時に比べ、ファッションビジネスも多様化しましたが、私たちの基本となるスタンスは変わっていません。設立当時のように、洋服が好きという気持ちで集まった仲間が、自由に意見を交し合い、自分たちが心からよいと思える商品を創り、自信をもってお客様にお届けする。そうした基本的で当たり前のことを大切に、お客様にとって「価値あるブランド」を築き上げていくことこそが、私たちの存在意義であり、進むべき道であると信じています。
時代とともに変化していくブランドもあれば、変わらないブランドもあっていい。しかし、いずれの場合も、そのブランドだけが持つ強い個性やメッセージを放ち続けること。それにより、他には替えることができない存在になりえるものと考えます。

ファッション業界は、今、厳しい競争の中にあります。そして、今後はますます、淘汰が進んでいくでしょう。だからこそ、私たちは、いいモノを創る、魅力ある商品を提供する、という原点に立ちかえり、今あるブランドの価値をさらに高めるため、そして、新たな「価値あるブランド」を創造するために、これからもチャレンジを続けていきます。

株式会社ピー・エックス
代表取締役社長
荒木 義也

PAGE TOP ↑